{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント

数珠

お数珠の使い方

数珠は、お葬式や法事、お墓参りの時の最も身近な仏具です。
本来数珠の数は108個で、これは人間の持つ108個の煩悩を取り除く意味があると言われています。 常にこれを持って仏様に手を合わせれば、煩悩を消滅し、功徳を得られると言われています。 一般的に使われているのは108個の本連数珠と片手持ちの数珠になります。
お葬式などで礼拝するときに、合掌した手に掛けて使い、持つときは、房を下に垂らし左手に持つか、左手首に下げて使います。
お数珠は、葬儀や仏事のときだけに持つイメージがありますが、身近に持ち歩くだけで魔除けや厄除けとなり、幸運を招くとも言われています。
パワーストーンのブレスレットをするよりもお数珠を持ち歩くほうがパワーとして良いのかもしれません。
また、年をとるほどお数珠を使う機会はますます増えてきます。
その人に合った風格のある数珠を持った方がよいと言われています。
社会にこれから船出するお子様の成人式や結婚式に是非プレゼントされてはいかがでしょうか。 数珠は、いつも身近に持ち運べば、魔を祓うだけのものではなく家庭円満、幸せを呼ぶ、パワーストーンアイテムなのかもしれません。


14件中 1-14件表示
14件中 1-14件表示

当店の売れる理由・石へのこだわり