{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント

最高級天然 水晶玉

水晶丸玉

水晶丸玉は宇宙の根源より完全な形状で、波動は一定でエネルギーを均一に発します。大きければ大きいほどパワーは強く、 居間や寝室を浄化したり、魔除けのお守りとして持ち運べます。お祓い浄化した一番使いやすい丸玉をあなたにお届けします。

1件中 1-1件表示
1件中 1-1件表示
38件中 1-20件表示
1 2
38件中 1-20件表示
1 2


【水晶玉】

水晶玉の球体は、宇宙の根源より完全な形状であり波動パワーを外部に均一に出します。
無色透明な無傷の天然水晶玉は、 大きければ大きいほどパワーは強いとされ 大きいものは家や土地の浄化の為に使われたり 玄関や寝室に置いたりします。
また、手ごろな大きさのものはポケットやバックに入れて身近に持ち運んだりします。
水晶玉は完璧な形状であり念を入れるにも瞑想するにもしやすい形です。
一番使いやすい天然水晶玉をあなたにお届けします。パワーストーンの中でこの最高級天然水晶玉は本格的に使う方にもお届けできます。



【水晶玉のランク】


透明な天然水晶玉・クラック水晶玉・白い水晶玉


天然石の水晶玉でも、透明な本水晶の丸玉やクラック(亀裂・ひび割れ・裂け目)の入ったクラック水晶玉や乳白色の半透明の水晶玉といろいろあります。 水晶玉のランクでいえば、上から透明な天然水晶玉、クラック水晶玉、白い水晶玉の順になります。

白い水晶玉は、乳白色に濁った半透明の水晶ですが、白いものは石英と呼ばれます。 クラック水晶玉は、たまにクラック部分にに光があたり反射させてうつくしい虹色を出現させる虹入り水晶(レインボークォーツ)もありますが、超音波などでクラックを人工的に入れたものなども多く見られます。 透明な水晶玉はとても綺麗です。水晶玉を製作するには品質の良い水晶原石が必要となりますが、産地として水晶の品質・産出量ともにブラジルが一位です。また、輝きやツヤは研磨・磨きにより決まり、世界でも山梨県の甲府の研磨加工はすぐれています。

 



【水晶玉の品質・水晶波動パワーについて】
水晶波動パワーがあるのは、天然水晶玉と人工水晶玉(本水晶玉・合成水晶玉)でパワーや波動がないのはガラス玉・溶錬水晶玉(溶解水晶玉)です。



【本物の水晶玉とガラス玉の見分け方】


 

宝石偏光器は、水晶玉などを宝石鑑別する時に単屈折か複屈折かを判定するのに使います。 水晶玉は複屈折のため細い線を透かすと二重になって見える場所があります。 これにより。「水晶玉」か「ガラス玉」かは見分けられます。
水晶玉を宝石偏光器にかけて上から見ると「目玉」とそれから放射状に伸びる十字の筋(アイソジャイヤー)が見えます。 複屈折のためにこのような「目玉・十字の筋」が見えるものは水晶玉です。 ガラス玉は、宝石偏光器 にかけても「目玉や十字」は見えません。 溶解水晶・溶錬水晶などのねりものも結晶構造を持たないので宝石偏光器 にかけても「目玉や十字」は見えません。 これにより、水晶玉とガラス玉を見分ける事ができますし、溶解水晶・溶錬水晶などのねりものはガラスと同じでパワーがないといわれるのも分かります。 また、水晶玉とガラス玉を顕微鏡でのぞいて見るとガラス玉には小さな空気の気泡がある場合がありガラス玉と分かります。 溶解水晶・溶錬水晶などの練り水晶と最高級天然水晶の透明なものは見た目は変わりませんが、金額とパワーにおいてはかなりの差があるので気をつけてください。



【水晶玉で土地を浄化する方法】

水晶丸玉を土地の四隅と中央に埋める浄化方法


暦などをみて土地をさわって良い日に水晶丸玉を北東 次に南東・南西・北西・中央の順番で埋めます。中央は浅く埋めるか、家がすでに建っていて埋められない場合は家の中に置いてもかまいません。四隅など掘れない場合は、紙袋に入れその付近に置いてください。

地鎮用水晶の使い方・土地浄化

コンクリートなどで地鎮水晶玉を土地に埋められない場合は?

 


 

水晶丸玉をを六芒星に置く浄化方法

家の建物の中で最大限に六芒星になる場所に水晶丸玉を置き、家を浄化します。

水晶玉で家を六芒星のかたちを作り浄化する方法



水晶玉の他に浄化用の水晶として

浄化用水晶水晶クラスターアメジストクラスター などもあります。



お守りの石パワーストーンの水晶玉は直感で選んでください。 きっとあなたに合う石が見つかるはずです。 あなたの幸せのために由布院の湧水で浄化したお守りの石パワーストーンの水晶丸玉・水晶玉を販売しています。



当店の売れる理由・石へのこだわり